設立趣旨

設立趣旨

設立趣旨書

1 趣旨

ここ数年における利用の急激な拡大により、情報や知識の共有やコミュニケーションの
手段として、インターネットは人類社会における新たな情報通信基盤を形成しつつあります。

 2001年11月に設立され岐阜県吉城郡国府町の住民を中心にIT支援活動を展開している
飛騨国府IT支援センターは、国府町の委託業務として学術・研究・教育及びその支援を
目的としたコンピュータネットワーク利用を前提とした施設運営とインターネット接続を
提供する国府町ケーブルTV網のヘルプデスク業務、飛騨全域のITイベント「マルチ
メディアウィーク」への参加などを通し、当地域におけるネットワークコミュニティの
健全な発展への努力を通じて地域社会へ貢献してきました。

 このたび、これまでの諸活動を、市町村合併を前提に国府町を基点として、「マルチ
メディアウィーク」等の活動で培ったネットワークを利用し、飛騨全域へのIT支援を
行なう事を目的にし、特定非営利活動法人として新たなスタートを切ることにいたしました。

 名称を「ITひだ」とし、従来行ってきました講習、ITヘルプデスクなどに加え、
飛騨地域における住民視点に立ったITシステムの研究・開発、ITへの啓発・普及活動、
社会教育や他のNPOの支援など活動をさらに拡大し、当地域における情報通信基盤の一層の
発展に貢献することをめざしております。

特定非営利活動法人ITひだ の活動にご賛同いただける幅広い皆様方の参加及びご支援
ご協力を切にお願いいたします。

2 申請に至るまでの経過

・   平成13年11月  岐阜県吉城郡国府町主催事業 IT支援センター設立
          主婦を中心としたスタッフ構成でセンターの運営を開始
・ 平成14年7月   岐阜県のソフトピアジャパンの第一号ブランチとして正式認定を受ける。
・   同月    「マルチメディアウィーク」に参加
・   平成14年10月  IT支援活動を、飛騨全域住民の啓発・支援活動に広げ、スタッフ及び
           会員の持つ知識・ 経験を社会に役立てる活動を展開するために、NPO
           法人申請について協議し、設立総会を開催することになった。
・ 平成15年1月 NPO法人化について設立総会を開催し申請することを決定。
このページのトップへ戻る